スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアニッシモを自然に出すお客様

大変ご無沙汰しています。

少しずつ、お客様への感謝ブログも復活させます。


今回は、ヤマハのグランドの調整にお伺い致しました。

ピアノの状態が芳しくなく、

弦は切れ、ハンマーはピカンピカン、タッチは重く・・・

苦労して、何とか使えるピアノに仕上げたのですが、

ピアニッシモが、ぼやけたピアノに仕上がりました。

お客様に、ご確認をお願い致しますと、

アレレ?こんな良いピアノだったかな?

ピアニッシモがクリアじゃないですか?

ピアノが良いのか演奏者が良いのか、

僕は分かりませんでした。

楽器と奏者が同調しています。


ピアノの音がピアニッシモでぼやけていたとしても、

奏者でクリアにできるんですね。

フォルテッシモも割れませんでした。

理想の音は、お客様も僕も似ていました。

演奏からのアプローチか、調整からのアプローチか。


ガンガンの派手な演奏に慣れていると、

一瞬物足りなく感じますが、

音がこちらの弾き方の方が遠くに飛ぶとのことでした。

ピアニッシモでクリア、

フォルテで厚く割れない、

音が遠くに飛ぶ、

調律師の理想の音でした。

大変勉強になりました。


安易にピアノの鉄骨にスマホを乗せたのは間違いでした。

録画の音が割れていますが、

ピアニッシモの音は確認できます。






スポンサーサイト

ヤマハの初期モデル

先日、お客様のお宅で珍しいピアノを調律させていただきました。

ヤマハアップライトピアノ、製造番号1200番

ヤマハの生産モデルは1,000番台から、らしいのでかなり初期ですね。

ルーズピンがたくさんありましたが、楽器は素晴らしかったです。


yamaha1200-2.jpg


なんか、スタインウェイを意識してるのがはっきりわかりました。

カポストロバーの上方アリコート
yamaha1200.jpg


今とは違うフレンジ、昭和5年には、もう昭和30年代とほとんど同じです。
yamaha1200-3.jpg

ヤマハ純正の昭和50年代のハンマーとプラスネジで、オーバーホールしてあると思うのですが、

そんな修理じゃオリジナルでないから悪いと言いたいところですが・・・

鳴り、音色とも本当に良かったです。


ヤマハは、ベヒシュタインの技術者が来て、ピアノのレベルが上がったと本に書いていましたが、

それ以前のピアノだと思います。

当時は家一軒以上の値段がしたこと、

工業生産品の最先端だっただろうから、最高の人材が集まったこと。

よって制作の気合いが違うのだろうと想像します。


K様ご依頼ありがとうございました。

最近古いピアノの依頼があります。


ルービンシュタインというピアノが2台偶然作業が重なりました。

1台はクリーニングのみで使えて、

もう一台は修理を施しています。


CA3E0255.jpg


このピアノは修理をしなくても440ヘルツに上げれて問題なく使用できました。

なんでも酒造会社の社長さんから譲り受けたものらしく、

昭和20年戦後間もないころ家一軒と同じ値段がしたとか・・・


ただ、その意味は当時の日本の家の価値がまだ低かったという意味だと受け止めています。

発展途上国では今でも家を100万円で買えれば、ピアノと同じ値段です。

昭和35年ごろは物価が急騰して一般のお金持ちでも買えるほどになっています。

それでも車もそんなに普及してないからすごいと思いますが・・・


CA3E0253.jpg


このピアノは結構状態はいいです。

しかし、もう一台は調律の保持もできず、メカニックの動きも悪く大変です。



CA3E0254.jpg


昭和30年代のセイコークロノスとピアノが似合います。

ヤフオクで5千円でした。笑





一本張り ディアパソン

今日のお客様はディアパソンの一本張りグランドでした。

DR500というモデルでした。

CA3E0249.jpg


調整が狂っていましたので、時間がかかりましたが最後はいい音になりました。

ヤマハでいうとC6くらいでしょうか?

大抵のメーカーは表現力が薄くなる大きさなのですが、

ディアパソンの一本張りモデルは弦の長さが一般的なループ弦の半分なので、

弦が力強く振動します。


普通は2弦に一本ですが、このピアノは1弦に一本
CA3E0250.jpg



また、今までの一本張りモデルは音が伸びない悩みがありましたが、

そこはアリコートが新しく追加されていますので、ループ弦のアリコートなしくらいは伸びます。

よってバランスのいい表現力のあるピアノだと思いました。


アクションも木製で、カワイの樹脂製とは別物です。
CA3E0251.jpg


支柱も放射状支柱で今の流行になっていますが、

昔の囲形支柱、アリコートなしの音の伸びない鼻にかかった音も好きでした。

昔のディアパソンはあったかい音、

今のディアパソンは洗練された音です。


もっと認知度が上がってもいいと思います。

僕の大好きなピアノの一つです。

なかなか聞けないラテン系のピアノ

なかなか聞けないラテン系のピアノ


今日のお客様は20年物のクロイツェルピアノでした。

名前はドイツっぽいですが、

明るく軽やかなピアノでした。


なかなか聞いたことのないほど、

明るい音色でしたのびっくりしました。

固いとか、柔らかいとかそういうレベルではありません。

もう、日本人の好みから離れていないか?

そう思えるほどでした。


明るく歌うんですが、質感、落ち着きがありません。

歌って歌って歌いまくり、m

短調でも長調に聞こえるほどです。

これは偶然ではないのか?

こんな個性をメーカーが意図するだろうか?

原因を少し考えました。


CA3E0247.jpg

ためしに響板を叩いてみました。

パカーン パカーンと明るくよく鳴ります。

普通はドーン ドーンと湿った音がします。

ニスはシェラックニスだけのようにも感じました。

表面がざらざらで、ごく薄い塗膜なのが分かりました。


CA3E0248.jpg

鍵盤は小さな鉛一つ。特注品ではないだろうアクションなのに軽くメカニックも動きます。

非常に軽いタッチで、コシが足りないとも言えます。


CA3E0245.jpg


ベアリングは細め、響板も薄く削っているかもわかりません。

材料は国産の特に優れたものではないと感じました。

普通芯の太い湿った音がするはずなのに。


調律の安定は悪く、1ヘルツ変更でも歪みそうでした。

バランスがデリケートなんでしょう。



あと、響板のマッチングか、アリコートもないのに、

次高音、高音がキラキラ輝いていました。

この明るさはファツィオリよりイタリアっぽいんじゃないか?

なんて・・・



こんな特性のピアノなら、オーソーレミオとかサンタルチアとか、

イタリアっぽい名前で特性を前に出して売ればよかったかもしれませんね。


ただ、日本人の好みから外れていそう。



最新記事
プロフィール

taniguchip

Author:taniguchip
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
Twitter
Twitter始めました。よろしくお願いいたします。
Face book
facebookもやっています。お友達になりませんか?
最新トラックバック
最新コメント
カテゴリ
12,10,2011
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。