FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう一つの修理の方法

お客様のピアノが重度の湿気にやられている場合、

除湿機の購入をすすめてみたり、

使用経過を観察しなければなりません。

極端なピアノの場合、修理しても再度メカニックの動きが悪くなります。


理想はピアノのおいてあるお部屋にあわせて、ピアノを調整することです。

何度もピアノのコンデションを確認して、最終的に落ち付かす。

ピアノと環境が特別デリケートな場合はこの方法が有効です。

湿気の多い日本家屋、近くに林、池、川があるなどは、

家自体が湿気をお帯びていることがあります。


お客様にも忍耐を強いることになりますが、

現地で一日がかりでその場所で修理するのが、

特殊な環境にあるピアノにはベストです。


新築の家、マンションなど2階以上に置いてあるピアノはほとんど問題ありません。
スポンサーサイト

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

最新記事
プロフィール

taniguchip

Author:taniguchip
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
Twitter
Twitter始めました。よろしくお願いいたします。
Face book
facebookもやっています。お友達になりませんか?
最新トラックバック
最新コメント
カテゴリ
12,10,2011
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。