fc2ブログ

それぞれの、思い入れのあるピアノ

今日は充実した時間を過ごせました。

朝の8時半に家を出て、帰宅は夜の9時半、

しかし時間はあっという間に過ぎました。


午前のお客様は、マンションに2メートル以上のピアノを入れて、

大変な音楽好きなお客さまでした。

大きなグランド特有の、味の薄い音と、ペラペラなタッチを何とかしてほしいとのことでした。

繊細な耳の持ち主で、仕事が終わるまで作業を確認されていました。

限られた時間で効果が出るように作業の組み方を考えて、良い勉強になりました。

新しいピアノをお持ちで、深みのある音とこしのあるタッチを希望されるお客様は多いです。

30年前のピアノはみんなそうでした。

ピアノにかける思いがひしひし伝わって、

緊張しました。



午後からのお客様は、ヤマハの高級モデルをお持ちで楽しみでしたが、

ベースの音は死んでいて、タッチは岩のように重く、高音部は茶碗をたたくような音で最悪でした。

400万円以上払ってこれでは泣けてくる。

お部屋には、数えきれないCDとレコード高価なオーディオ音楽通なんだと思いました。


ベース弦は新品を張りなおすか、一度ゆるめて巻きなおすしかないので来年ということにして、

弾くこともままならないタッチを軽くする作業を行いました。

タッチが軽くなると、打鍵速度も上がり、本来の上品な音と音量が戻ってきました。

時計を見たら6時間を過ぎていました。


オーディオを聞かせていただき癒された後、

これで不安なく寝れると思いました。


お客様がまず納得しなくてはならない。

皆様思い入れのあるピアノだから。

何とかなってよかったと。

スポンサーサイト



テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

最新記事
プロフィール

taniguchip

Author:taniguchip
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
Twitter
Twitter始めました。よろしくお願いいたします。
Face book
facebookもやっています。お友達になりませんか?
最新トラックバック
最新コメント
カテゴリ
12,10,2011
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード