fc2ブログ

彼のお客様を引き継ぐに当たって・・・

彼のお客様を引き継ぐに当たって・・・


お客様からご依頼がありました。

「専任の調律師がお亡くなりになりましたのでお願いいたします・・・。」

K様ご依頼ありがとうございました。


ご老人の技術者かと思っていましたが、

僕より若いM・Tさんと聞いてびっくりしました。

以前から体を患い、体が痛く苦労されていると言っていました。

就職の相談を昔されたことがあります。


僕が彼の立場だとしたら、世の中不公平だと思うでしょう。

しかし、K様は調律師M・Tさんを信頼されていました。

この事実が、彼が調律師をしていた意味がある証であり、

生きていた大切な証であったと思います。


そしてM・Tさんは、ご家族と支えあいながら生きてこられました。

それも手に入れることが簡単なものではないと思います。


やはり世の中不公平だと思います。

苦悩しながら生きた一人の調律師が人知れずこの世から去りました。

一方、要領のいい人間、恵まれた人間が日の目を見る世の中ですから。

しかし、目に見える物だけを見ない人たちもいるのも事実。


僕もいつか人知れず消えていくのでしょう。

それまで、どこまでやれるか挑戦していこうと思います。

M・Tさんのように。


K様も僕も調律師M・Tさんのことは忘れないでしょう。

ご冥福をお祈りしています。






スポンサーサイト



最新記事
プロフィール

taniguchip

Author:taniguchip
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
Twitter
Twitter始めました。よろしくお願いいたします。
Face book
facebookもやっています。お友達になりませんか?
最新トラックバック
最新コメント
カテゴリ
12,10,2011
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード